先月六月三十日は大祓の日でした。大祓は、毎年六月と十二月に罪穢を払い落とすために行われる神道の行事なのですが、今般の情勢により多くの神社が一般客の参加を取りやめてしまったようで残念です。私は大祓詞を書写して家の神棚に奏上致しました。
FullSizeRender




夏越大祓が中止になってしまっても、せめて茅の輪くぐりだけはと思い、國學院大學のすぐ近くにある渋谷氷川神社に参拝すると、茅の輪を置いて下さっていました。
IMG_5074
この写真が渋谷氷川神社の茅の輪と社殿です。一昨日撮影しました。社殿の手前にある大きな輪っかのようなものが茅の輪と呼ばれるもので、これをくぐることで身の汚れを祓い、半年間の無病息災のご加護が与えられると考えられています。元々は、菅貫輪という小さなフラフープ状の輪で、一人ひとりがくぐるものだったようなのですが、江戸時代あたりから現在の大きさになり、常設する形をとるようになったそうです。
世の中は今大変な状況になっていて慌ただしいですが、神社に一歩入ると、清らかで落ち着いた気持ちになれますね。渋谷氷川神社も緑が多くてとても良い雰囲気でした。


さて、七月に入って再びコロナウィルスの感染者が増加してきているようです。六月の晦日の大祓の効果でどうにかこの国から疫病も祓い去ってほしいと、瀬織津姫神、速秋津姫神、気吹戸主神をはじめて日本の諸の神仏に祈り申し上げるのみです。



茅の輪もて けがれ祓ひし 我が身なす 御国のけがれ 祓ひ清めな